ハーレーダビットソンのスポーツスター883が「ダサい」という言われる理由と歴史。バイク選びは個人の好みや用途に大きく依存する。

目次

ハーレーダビットソンのスポーツスター883が「ダサい」という言われる理由

ハーレーのスポーツスターが「ダサい」と言われる理由には、いくつかの要因があります。
一部の人々は、スポーツスターのデザインや特定のモデルに対して、好みではないと感じることがあるようです。
また、スポーツスターはアメリカでは女性用や入門者用と見なされることが多いですが、日本のような狭い道路や山道での実用性には優れいていると考えます。

ただし、これはあくまで一部の意見であり、ハーレーのスポーツスターは世界中で多くのファンを持ち、その魅力を評価する声も多くあります。

バイク選びは個人の好みや用途に大きく依存するため、一概に「ダサい」とは言えないでしょう。

自分にとって最適なバイクを選ぶことが重要です。

スポーツスターの歴史

ハーレーダビッドソンのスポーツスターは、1957年に初代が発売されて以来、アメリカンモーターサイクルの象徴的な存在として知られています。スポーツスターは、そのスポーティーな走りと個性的なデザインで人気を博し支持されてきました。

初代スポーツスターは、1952年に登場したモデルKをベースにしており、サイドバルブエンジンに901.3ccのOHVエンジンを搭載していました。その後、1958年にはXLHとXLCHモデルが登場し、1967年にはXLHにセルが追加されるなど、年代ごとに様々な改良が加えられました。

1986年には、ショベルスポーツスターからエボリューションエンジンを搭載したモデルへと世代交代し、性能と信頼性が飛躍的に向上しました。2004年にはエンジンとシャシーが大幅に見直され、エンジンはラバーマウント化されるなど、技術的な進化を遂げています。

現在では、883ccモデルと1200ccモデルが製造販売されており、ハーレーダビッドソンのラインナップの中でも特に人気のあるシリーズとなっています。

スポーツスターは、その長い歴史とともに、多くのモデルチェンジを経て現在に至っており、ハーレーダビッドソンの伝統と革新を体現するモデルとして、世界中の多くのライダーに愛され続けています。

その歴史の中で、スポーツスターは常に時代のニーズに応える形で進化してきました。

スポーツスターファミリー

  • スポーツスター – 1957年に登場した最初のスポーツスター
  • スポーツスターXL
  • スポーツスターXLH
  • スポーツスターXLC
  • スポーツスターXLCH
  • XLCR – ハーレー初となるカフェレーサー
  • XR750
  • XR750TT
  • XR1000
  • XR1200 – ビューエル製エンジン搭載車
  • XR1200X – ビューエル製エンジン搭載車
  • XL1200N – 別名「スポーツスター1200ナイトスター」
  • XL1200L – 別名「スポーツスター1200ロー」
  • XL1200C – 別名「スポーツスター1200カスタム」
  • XL1200S – 別名「スポーツスター1200スポーツ」
  • XL1200R – 別名「スポーツスター1200ロードスター」
  • XLH1100 – 1987年モデルから登場
    XL883N – 別名「スポーツスター883アイアン」
  • XL883L – 別名「スポーツスター883ロー / スーパーロー」
  • XL883R – 別名「スポーツスター883R」
  • XL883C
  • XLH883 – 1987年モデルから登場トランスミッションは4速で現行のスポーツスターより少ない
  • XLH883ハガー
  • XL1200X – 別名「スポーツスター1200フォーティーエイト」
  • XL1200V – 別名「スポーツスター1200セブンティーツー」
  • XL1200CX – 別名「スポーツスター1200ロードスター」

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC

目次