HEICファイルをJPGに変換する方法とは?そもそも.HEICとは?

目次

HEICとは?

.HEICは、「High Efficiency Image File Format」の略称であるHEIF(ヒーフ)形式で保存されるファイルの拡張子です。iOS 11以降のiPhoneで写真を撮ると、このHEIC形式で保存されます。
HEIC形式は、JPEG形式に比べて約半分のファイルサイズで、同じ解像度の画像を保存できる高効率のイメージファイルです。つまり、より少ないストレージで高画質の写真を保存することができるのが特徴です。

ビデオに関しては、HEVC(H.265)形式で保存され、これもまた高効率ビデオコーデックとして知られています。HEICやHEVCは、特にiPhoneユーザーにとって、デバイスのストレージを節約しながら高品質のメディアを保存する大きなメリットとなっています。

HEICファイルをJPGに変換する方法は?

オンライン変換サービスを使用する

ウェブ上で無料で利用できるオンラインサービスがあります。これらのサービスでは、HEICファイルをアップロードし、変換後のJPGファイルをダウンロードすることができます。

ソフトウェアを使用する

特定のソフトウェアをダウンロードしてインストールすることで、HEICファイルをJPGに変換できます。例えば、CopyTrans HEIC for Windowsは、HEICファイルをJPGに変換するための無料ツールです。

https://www.copytrans.jp/copytransheic/

Windowsの標準機能を利用する

Windows 10では、HEICファイルを右クリックして「プログラムから開く」→「ペイント」を選択し、ファイルメニューから「名前を付けて保存」→「JPEG画像」として保存することができます。

iPhoneの設定を変更する

iPhoneで写真を撮る際に、最初からJPG形式で保存されるように設定を変更することも可能です。

  1. 設定アプリを起動。
  2. 「カメラ」をタップ。
  3. 設定ページで、「フォーマット」をタップする。
  4. 「互換性優先」を選択する。
目次