SEO対策で避けるべき失敗とは?Googleガイドラインとは?

目次

Googleのガイドラインに違反すること

Googleガイドラインは項目が多数あり、すべてに適合させるのはかなり難しいかもしれません。まずは、対策できること、違反を排除することに取り組みましょう。

  • 技術要件: Google 検索でウェブページを表示させるためにウェブページに必要なもの。
  • スパムに関するポリシー: 掲載順位が下がったり、Google 検索の検索結果から完全に除外されたりする原因となる行動や手法。
  • 主なベスト プラクティス: Google 検索の検索結果でのサイトの表示を改善するための主な方法。

出展:Google検索セントラル

Webサイトの構造に問題があること

クローリングやインデックスが適切に行われないようなサイト構造は、SEO対策の失敗につながります。
サイト内を回遊できるリンク設置、まちがってnoindexなどの設定をしないことに注意しましょう。

短期間での結果を期待すること

SEO対策は長期的な取り組みであり、短期間での結果を期待すると失敗することも。
ビジネスを拡大するために、短期的に結果を求めるのは当然のことです。
短期的な結果を考えた場合は、検索広告(リスティング広告)を出稿するのが効率的かもしれません。
しかし、Web広告やSNSは一時的な注目を集めることができますが、その効果は限定的です。
SEOでの上位獲得は、中長期的にビジネスを拡大させるために貢献できます。

競合サイトが強すぎるキーワードで戦うこと

競合が強すぎるキーワードで上位表示を目指すのは非常に困難です。
勝てるキーワードで、着実に狙っていくことが重要です。
これは、長期的に考えるSEO対策のモチベーションの維持にもつながります。
まったく、上位表示されないキーワードより、確実に上位されるキーワードを多数獲得することが大切です。

目次