Windows11にAdobe CS6を新規インストールするとパソコンが起動しなくなる。原因は、セキュアブートが干渉するから。

目次

結論

WindowsとAdobeのセキュアブートが干渉して、パソコンが起動しなくなる。

解決策

※自己責任でお願いします。
Windowsのセキュアブートを無効にするために、
Windowsをセーフモードで立ち上げて以下の該当ファイル削除する。
——
C:\Windows\System32\drivers\PxHlpa64.sys
C:\Windows\System32\CatRoot\pxhlpa64.cat
——

ただし、該当ファイルを削除するとCD/DVDドライブが認識されなくなるので、以下リンクの「方法5:破損したレジストリ エントリを修正する」で対策をする。

https://support.microsoft.com/ja-jp/topic/cd-%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF-dvd-%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%81%8C-windows-%E3%82%84%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8A%E8%AA%8D%E8%AD%98%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84-64da3690-4c1d-ef04-63b8-cf9cc38ca53e

Adobe CCに乗り換えることも考える

Adobe CS6はパッケージ版のため月額/年額の料金が発生しないためコスト的にお得ですが、その反面、最新のOSに対応していないという問題が常に付きまといます。
Adobe CCはサブスクのため、CS6を使っている方にとっては費用面が気になり、どうしてもCS6を使い続けたい気持ちになってしまいます。
私もそうでしたが、いずれCS6は使えなくなるため、今回のことをきっかけにAdobe CCに乗り換えることを決断しました。
最新のバージョンはやっぱり機能が優れているなと感じ、納得感も生まれました。

目次