店舗集客にお勧め!Google広告の来店コンバージョンとは?広告の費用対効果が可視化でき広告戦略のデータ取集にも役立つ!

目次

店舗集客に特化したGoogle広告の来店コンバージョンとは?

Google広告の来店コンバージョンは、オンライン広告が実店舗への来店にどれだけ貢献しているかを測定する機能です。
これにより、消費者がオンラインで情報を収集した後に実際に店舗を訪れる行動を追跡し、広告の効果を把握することができます。
来店コンバージョンのデータは匿名で集計され、Googleアカウントにログインしているユーザーが広告を見た後に店舗を訪れたかどうかを推定します。
オンライン広告の費用対効果を評価し、広告戦略に役立てることができます。

Google公式の来店コンバージョンについても参考にしてみてください。

Google広告の来店コンバージョンのやり方は?

Google広告の来店コンバージョンを動かすためには、GoogleマイビジネスとGoogle広告アカウントの連携、十分な量のクリックやインプレッション、住所表示オプションの有効化など、特定の要件を満たす必要があります。
当社、Google広告の来店コンバージョンの経験も豊富にございます。
来店コンバージョンを実施したいという方はぜひお問い合わせください。
実績を踏まえてご説明させていただきます。

Google広告の来店コンバージョンの仕組みは?

Google広告の来店コンバージョンの仕組みは、ユーザーがオンライン広告を通じて実店舗に訪れたかどうかを測定するためのものです。

  1. ユーザーがGoogleアカウントにログインしている状態で、位置情報(ロケーション履歴)を有効にしています。
  2. ユーザーが広告をクリックまたは閲覧します。
  3. 広告をクリックまたは閲覧したユーザーが実店舗に来店します。
  4. ユーザーの位置情報と広告を見た履歴から、来店コンバージョンとしてカウントされます。

このプロセスは、ロケーション履歴を利用しており、Googleのアプリ(マップ・Chromeなど)でGoogleにログインし、位置情報利用を許可することで計測が可能になります。
来店コンバージョンの数は、ユーザーのデータに基づいて推定で計測され、プライバシーを保護しながら統計情報としてユーザーの来店人数が算出されます。

Google公式の来店コンバージョンの紹介

YouTube

Think with Google

まとめ

オンライン広告が実店舗への来店にどれだけ貢献しているかを把握し、広告キャンペーンの最適化に役立てることができます。
ただし、来店コンバージョンを利用するためには、特定の条件を満たす必要があります。GoogleマイビジネスとGoogle広告アカウントの連携、十分な量のクリックやインプレッション、住所表示オプションの有効化などです。

目次