Web広告運用のスキルを独力で身に着けるのが難しい理由。結論は、アウトプットする必要があるから

目次

Web広告運用のスキルを独力で身に着けるのが難しい理由

結論は、アウトプットする必要があるからです。
どういう事かと言いますと、Web広告運用のスキルを身に着けるためには、沢山の広告を扱う必要があるからです。広告を扱うためには、実際の商品・サービスを広告費を使って広告配信する必要があります。
つまり、スキルを身に着けるには現場で経験を積む必要があり、独力でスキルを身に着けるには、商品・サービスを販売するサイトを持っていて、そこに対して広告費を使えるという環境が必要です。

スキルを身に着けるには、Web広告代理店かWeb広告を扱っている事業会社で経験を積む

スキルを身に着けるには、Web広告代理店かWeb広告を扱っている事業会社で経験を積む方法が一番早いです。
また、Web広告代理店では、沢山の案件を経験できますので、広告の比較ができナレッジが蓄積されますが、事業会社の場合は自社の商品・サービスの広告しか取り扱わないため、自社の領域の広告のナレッジが溜まらないというデメリットがあります。

また、Web広告運用のやり方を教えている書籍は、ほとんど販売されておらず、Web記事の小間切れの情報を自身でキャッチアップして落とし込んでいくという具合になります。
これは、媒体社の管理画面やアルゴリズム、プロダクトの変化が早く、自らから情報をキャッチアップする必要があるかです。
そのため、現場の先輩などからWeb広告運用のノウハウを習得するのが一番確実な方法です。

目次