Google広告認定資格とは?6種類の資格の難易度を順番に並べました。

目次

Google広告認定資格とは?6種類の資格の難易度を順番に並べました。

Google広告認定資格は、Google広告に関する知識とスキルを証明するためのものです。資格を取得することで、専門性を客観的に示し、信頼性を高めることができます。

認定資格の種類と特徴

Google広告認定資格には、検索広告、ディスプレイ広告、動画広告、ショッピング広告、アプリ広告、測定の6つがあります。
私の感じる難易度は、容易な順に
・検索広告
・ディスプレイ広告
・動画広告
・ショッピング広告
・アプリ広告
です。
ショッピング広告とアプリ広告は、取り扱いが少ないため知識不足ということもあります。

認定資格の取得方法

認定資格の取得方法は、GoogleのSkillshopでオンライン試験に合格することで認定資格が取得できます。

認定資格試験の内容と合格基準

試験は、選択問題とドラッグ&ドロップ問題があります。各科目には合格ラインが設定されており、試験時間は75分で、合格ラインは80%以上の正答率が求められます。

認定資格の有効期限と更新

Google広告認定資格は、取得から1年間有効です。有効期限が切れる前に、再度試験に合格することで資格を更新することができます。

認定資格を取得するためのヒント

実務で運用を行っていれば、比較的簡単に取得が可能ですが、実務を行っていないで取得するのは難易度が高いと感じます。試験後の回答の確認ができなのが難易度上げています。

認定資格のメリット

私の考えるメリットは、Google Partnersプログラムに参加できることです。パートナーバッジを取得することで、そのステータスをビジネスの信頼性を高めることができます。

目次