代理店から広告アカウントの閲覧権限の付与(管理画面)もらえてますか?もらえない場合は不正請求のリスクに要注意!

目次

代理店から広告アカウントの閲覧権限もらえてますか?もらえない場合は不正請求のリスクに要注意!

良いインターネット広告代理店の見分け方の大前提として、広告アカウントの閲覧権限を付与してもらえることです。
広告アカウントの閲覧権限の付与は必須です。
その理由は、2つあります。

一番の理由は、不正請求の問題です

数年前に国内最大手の代理店で不正請求の問題が発覚しました。
もし広告アカウントが閲覧できる状態であればこの問題は起こらなかったでしょう。
つまり、不正請求のリスクを回避することができます。

↓不正請求の記事
 
運用実績の虚偽報告などで不正請求が行われます。
例えば、10万円の費用を媒体に投下するという契約で、実際には5万円しか使わないという操作が行われ、当然、運用実績のレポートは10万円分として報告します。
契約上の金額と実際の支出が異なる場合は、虚偽報告につながり信頼性を損なう行為です。
運用実績のレポートが実際の支出よりも多く報告されることは、クライアントに対する不正行為であり、場合によっては法的な問題を引き起こす事態に発展します。

二番目の理由

二番目の理由としては、運用をしていないことを隠したいからです。
沢山の広告を扱うと、細かく運用をすることができなくなります。
そのため、運用を行っていない状況を隠したいという理由につながります。

運用権限を持つことの重要性は、透明性を確保するために不可欠です

権限をもらってもよく分からないからいらないというのは、危険です。
管理画面を見なくてもよいので権限をもらってください。
権限を持つことで、運用の実態を確認し、不正な操作を防ぐことができます。
運用を行っていないことを隠す行為は、クライアントに対する不誠実さを示し、長期的なビジネス関係を築くのは難しいでしょう。
 

運用力が高い代理店ほど閲覧権限を付与しています

運用力が高い代理店は、クライアントに対して閲覧権限を付与することで、その透明性と信頼性を示しています。
一方で、閲覧権限を付与しない代理店は、その運用の質や透明性に疑問があります。

多くの代理店は、「会社のルールで決まっている」という理由や、「ノウハウがあるから」という言い訳をしています。
ですが、広告の管理画面に見られてはいけないほどのノウハウなどありません。
 

まとめ

運用代行会社を選ぶ際には、広告アカウントへの閲覧権限の付与が重要な基準となります。
閲覧権限を付与してくれない代理店は、他の選択肢を検討することをお勧めします。
運用の透明性を確保し、不正行為のリスクを減らすことができます。
 
目次