ハーレーダビットソンのボバースタイルとは?

目次

ハーレーダビットソンのボバースタイルとは?

ハーレーダビットソンのボバースタイルは、余計なものを削ぎ落として軽量化するカスタムスタイルです。
1930年代から1940年代にアメリカで流行したダートトラックレースに参加した車両に施された改造が源流とされています。
具体的な特徴としては、切り落として短くされた前後フェンダー、チョッパーよりは低めのハンドルバー、後輪にサスペンションのないリジッドフレームや、それに似せたフレームの採用などがあります。

ボバースタイルは、見た目のシンプルさと実用性を兼ね備え、現代でも多くのユーザーに支持されています。
ハーレーダビットソンでは、「Street Bob(ストリートボブ)」などのモデルがボバースタイルの代表例として知られています。
このスタイルは、バイクの本質的な走行性能を重視しつつ、洗練されたデザインを追求するカスタム文化の一環として、今日もなお進化を続けています。

目次