Google広告のアルコールのポリシー制限でインプレッション0になってしまったときの対処法

目次

Google広告のアルコールのポリシー制限でインプレッション0になってしまったときの対処法

Google広告で、お酒やアルコールの内容を含む広告を出稿すると、広告ポリシーのアルコールの制限がかかります。

これはあくまでも、制限ですので広告が配信されないわけでありません。
広告の承認もされています。
ここで、よくあるのが、インプレッションが出ないあるいは、途中から広告ポリシーで制限され、インプレッションが0になってしまったという問題です。
この時に試してほしいことは、オーディエンスターゲティングをナシにしてみるという事です。年齢や性別、興味関心などのターゲティングをナシにすることでインプレッションが出るケースが多くあります。

Google側では、アルコール広告を配信しても問題ないユーザーに制限して広告配信するというアルゴリズムが動いていると想像しますが、これが自身の設定したターゲティングと重なるとオーディエンスボリュームが少なくなり、結果広告のインプレッションが0になるという現象になってしまうのだと考えます。

広告ポリシーは、定期的にクロールして広告をチェックしてるため、一度アルコールの広告ポリシーの制限がかかると、解除されるという可能性はなかなか難しいです。
ターゲティングを調整してインプレッションが出るように解決をすることを試してみてください。
(たまに、解除されるといった動きになる場合もあります。)

https://support.google.com/adspolicy/answer/6012382?hl=JA

目次